成年後見人制度とは

成年後見人という言葉をご存知でしょうか。この制度は、認知症や障害がある場合等により、ご自身で判断することが難しい、つまり、実生活において判断能力が十分でないと思われる方に、支援や援助をする為の、法的制度であり、任意契約によって依頼を受けた人、あるいは親族が後見人として選ばれます。判断能力が不十分なことにつけこまれ、不利な契約をさせられたり、詐欺まがいの行為を受けることを防ぐ為に、成年後見人が代理で判断をしたり、行為を行うことで権利を守る為の制度ですが、成年後見人制度は多少複雑な制度であり、問題も生じる可能性が高く、簡単に選出することは難しい為に、法の専門家である弁護士が成年後見人として選ばれることがあります。

成年後見人が必要な場合としては、身寄りがなく、相続の行方が心配な方、親族間の関係が悪く、トラブル発生の可能性がある方、兄弟が親の財産を管理しているが、詳細などが一切不明または勝手に使い込んでいる、一人暮らしで将来の財産管理に不安があり、子供や他の誰かに託したいと考えている方、親族に知的障害を抱えている人がいる場合の対処、等の問題を抱える場合に有効であり、解決策として利用する価値のある制度となっています。

判断能力が低下した高齢者の方を,そのままにしておくと,電話勧誘や訪問販売などで高額な商品を購入させられるなどにより財産を失うということになりかねません。

また,特定の親族が判断能力が低下した方の身の回りの世話を行うことで,電話勧誘や訪問販売などによる高額な商品の購入を防ぐことができたとしても,特定の親族が,自分自身のために自由に財産を使用するなど,高齢者の方に多大な経済的な負担を負わせることも考えられます。

特定の親族が自由に財産を使用している場合には,親族間の根深い感情的対立を招く,将来の相続の際に問題化して遺産分割を円滑に行うことができないなどの解決困難な問題を発生させることになります。

成年後見制度とは,判断能力が十分でない方を法的にサポートし,判断能力の低下により発生する様々なトラブルを未然に防止する制度です。

成年後見制度には「法定後見制度」「任意後見制度」の二種類に分かれています。両親や親族につけたい、あるいはご自身が、将来的に判断能力が低下した際に利用したい、そう成年後見人について検討されている方の為に、成年後見人のつけ方等を紹介します。