弁護士相談の活用

成年後見人の利用を考えているという方は、まずは弁護士への無料相談を活用されると良いでしょう。大変複雑な制度であり、お金が絡みますので、親族間でのトラブルも起きやすく、第三者であり、法律のスペシャリストに相談されることが最も適した手段と言えます。特に親族間のトラブルは当事者同士では泥沼化する恐れもあり、後見人の選出もできない可能性があります。その際には第三者である弁護士に後見人になってもらうことも可能ですし、今現在必要な方、将来的に利用したいと考えている方は、成年後見人について豊富な知識を持った弁護士を探されることをお勧めします。

後見人を立てた方は、後見が始まってしまうと、選挙権が無くなり、印鑑登録も抹消となります。国家資格や役員の地位等も失うことになりますので、慎重に考えて決める必要がある制度です。個人で考えるには複雑ですので、やはり専門家である弁護士に相談し、詳しく説明を受けた上で、親族間にわだかまりのない状況で手続きをするようにしましょう。また、成年後見人は正当な理由があれば辞任することもできます。また、不適切と判断された場合には家庭裁判所から解任されることもあります。正しい知識を持って検討するようにしましょう。